一般事業主行動計画(女性活躍推進法)

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(平成28年(2016年)4月施行)」に基づき、学校法人佛教教育学園に勤務するすべての女性労働者が、その意欲と能力を発揮し、活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のような行動計画を策定しここに公表します。

1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日までの5年間

2.本法人の課題

<利用率の低い両立支援制度がある>

男女ともに看護休暇の取得率が低く、両立支援制度があるにもかかわらず、その利用がなされていない状況であります。また、長時間労働の常態化は、子育てや介護等時間制約がある職員のワークライフの両立に障壁となることから、帰りやすい職場風土の醸成や両立マネジメントができる管理職の養成が必要と考えます。

3.目標と取組内容・実施時期

目標1:労働者の平均残業時間数を1時間短縮します。

<取組内容と実施時期>

平成28年4月〜:
組織のトップからの長時間労働是正に関する強いメッセージの発信
帰りやすい職場風土の醸成に向けた管理職自身の勤務時間の徹底
平成30年4月〜:
管理職を対象に長時間労働是正に向けたマネジメント力強化のための情報発信

目標2:看護休暇の利用実績を男女ともに対象となる層の10%以上とします。

<取組内容と実施時期>

平成28年4月〜:
看護休暇の取得状況把握
専任・非専任にかかわらず同水準の両立支援制度を利用できるよう制度の周知徹底
平成30年4月〜:
看護休暇の状況再調査
管理職を対象に時間制約等を抱える多様な人材を活かすことの意義に関する情報発信

情報公表

労働者に占める女性労働者の割合

〒604-8418 京都市中京区西ノ京東栂尾町7番地 / TEL (075)366-5611 / FAX (075)366-5711

サイトポリシー

ページの先頭へ